ニッケル系ステンレスの価格再び上昇か?その影響は??

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27707220V00C18A3QM8000/
「新日鉄住金ステンレス、ニッケル系鋼板値上げ
 新日鉄住金ステンレスは5日、3月契約分の一般流通(店売り)市場向けのニッケル系ステンレス鋼板価格を引き上げると発表した。薄鋼板は前月比で1トンあたり5千円(1.5%)、厚板も同5千円(1~1.5%)上げる。原料のニッケル高に加え、電極など副資材の値上がりを反映した。値上げはともに3カ月ぶり。クロム系鋼板はクロムの調達価格が下がりコスト上昇分が相殺されるため、3カ月連続で販売価格を据え置いた。」

ニッケルの値上りに影響され、ニッケル系のステンレス鋼板の価格が上昇するというニュースがでてきたようです。
思えば数年前にもニッケルの価格が上昇し、ステンレスメーカーや問屋が悲鳴を上げる出来事がありました。
このまま上昇基調が続いて、そのような危機が再来しないことを祈るばかりです。

最近弊社でも日本製SUS304(ニッケル系ステンレス)のB級品をベトナムに紹介しても
なかなか価格がつかないという事態が生じております。これもニッケル価格上昇の余波といえるのかもしれません。
一方で、ニッケルを使用しないSUS430系のB級品コイルと後半へのベトナムの需要は引き続き旺盛なようです。

ベトナム市場の需要の高さ 430>304>316L

このような事情ですので、弊社ではSUS430鋼板のB級品のサプライヤーを歓迎いたします。これを機にベトナムへの販路開拓、売上や利益にご興味ある方は弊社までお問合せください。